FUJIFILM 富士フイルム 和光純薬株式会社
ホーム> 製品情報> 免疫検査> 腫瘍マーカー

腫瘍マーカー

腫瘍マーカー

腫瘍マーカーとは、がん細胞が産生し主に血中に出現する物質です。
一般的には、がんが進行することによって上昇することから、初期診断には適しておらず、治療効果判定や再発のスクリーニング等に使用されます。
良性疾患などでも上昇することが分かっており、各腫瘍マーカーの特性を確認する必要があります。

関連商品一覧

項目名 品名 備考
AFP アキュラシード AFP
ミュータスワコー AFP‒L3・i50 AFP-L3%との同時測定
AFP-L3 ミュータスワコー AFP‒L3・i50 AFPとの同時測定
PIVKA-Ⅱ アキュラシード PIVKA-Ⅱ
ミュータスワコー PIVKAⅡ・i50
CEA アキュラシード CEA
CA19-9 アキュラシード CA19-9
CA125 アキュラシード CA125
CA15-3 アキュラシード CA15-3
PSA アキュラシード PSA(B)
NSE アキュラシード NSE [Ⅱ]
シフラ アキュラシード シフラ
Accuraseedの詳細へ ミュータスワコーi50の詳細へ

項目紹介

AFP-L3%:AFPのレクチン反応性による分画比

AFPは分子量約70,000の糖蛋白で、1分子あたり1本のアスパラギン結合型の糖鎖を有しています。肝細胞の癌化に伴い糖鎖構造が変化し、糖鎖根本部分にフコースが付加します。この癌性変化をレンズマメレクチン(LCA)との親和性でとらえ、割合で示したものがAFP-L3%です。
AFP-L3%は、癌化に伴う糖鎖構造の変化をとらえています。AFP、PIVKA-Ⅱとともに、肝細胞癌の補助診断に有用な腫瘍マーカーです。

お客様より寄せられた「よくある質問」を掲載しています。 よくある質問

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3270-9134

受付時間:弊社営業日8:00〜19:00

© 富士フイルム和光純薬株式会社