FUJIFILM 富士フイルム 和光純薬株式会社
ホーム> 製品情報> 生化学検査> ABC分類-胃がんリスク層別化検査

ABC分類-胃がんリスク層別化検査

ABC分類-胃がんリスク層別化検査

血液検査で「胃の健康度」をはかる

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなど様々な胃の病気のリスクファクターである「ヘリコバクター・ピロリ感染」と「胃粘膜の萎縮」から胃の健康度(ABC分類)を調べることが出来ます。 「ヘリコバクター・ピロリ感染」を血清中ヘリコバクター・ピロリ抗体検査で、「胃粘膜の萎縮」をペプシノゲン法で検査し、その検査結果を組み合わせて、胃がんになりやすいか否かをリスク分類するものです。簡便な血液検査により、胃がんのリスクが高い人を絞り込み、効率よく内視鏡やX線などの画像検査を行うことが可能となります。

関連商品一覧

項目名 品名 備考
H.ピロリ抗体 Lタイプワコー H.ピロリ抗体・J H.ピロリ抗体の検出
ペプシノゲンⅠ LTオートワコー ペプシノゲンⅠ ペプシノゲンⅠの測定
ペプシノゲンⅡ LTオートワコー ペプシノゲンⅡ ペプシノゲンⅡの測定
製品一覧はこちら
お客様より寄せられた「よくある質問」を掲載しています。 よくある質問

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3270-9134

受付時間:弊社営業日8:00〜19:00

© 富士フイルム和光純薬株式会社