FUJIFILM 富士フイルム 和光純薬株式会社
ホーム> 製品情報> 免疫検査> 自動化学発光酵素免疫分析装置 Accuraseed

自動化学発光酵素免疫分析装置 Accuraseed

自動化学発光酵素免疫分析装置 Accuraseed®

免疫検査は新たなステージへ

化学発光酵素免疫測定法(CLEIA法)を基本原理とし、すべての項目で測定時間が10分です。
1テストごとに必要な試薬を封入したカートリッジは、装置・試薬性能を最大限に発揮するだけでなく、試薬の取り扱いや無駄の低減にも寄与します。

生化学項目との同時報告を可能にする全項目10分の迅速測定 集磁・分散性に優れた磁性粒子「マグラピッド®」を使用 反応にかかわるすべての試薬を、1テスト分ずつカートリッジに封入

測定項目

腫瘍マーカー AFP、PIVKA-Ⅱ、CEA、CA19-9、CA125、CA15-3、PSA、NSE、シフラ
甲状腺・副甲状腺疾患 TSH、FT3、FT4、TRAb、TgAb、TPOAb、iPTH
糖尿病・高血圧 インスリン、C‐ペプチド、レニン、アルドステロン、コルチゾール
ウイルス感染症 HBsAg、HBsAb、HBcAb、HCVAb、HIVAg/Ab、COVID-19抗体
心疾患 NT-proBNP、トロポニンT
その他 PCT、TARC、KL-6※※

※研究用試薬

※※販売元: 積水メディカル株式会社

主な仕様

測定原理 CLEIA法
測定時間 10分
処理能力 180テスト/時間
同時分析項目数 最大24項目
サイズ 幅 1,325 ×奥行 905 ×高さ 1,415 (mm) (標準仕様)
重量 460kg
医療機器届出番号 27B3X00024000015
製品一覧はこちら
お客様より寄せられた「よくある質問」を掲載しています。 よくある質問

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3270-9134

受付時間:弊社営業日8:00〜19:00

© 富士フイルム和光純薬株式会社