FUJIFILM 富士フイルム 和光純薬株式会社
ホーム> 製品情報> 透析液管理> 透析液中エンドトキシン測定

透析液中エンドトキシン測定

透析液中エンドトキシン

透析液中エンドトキシン

透析液水質確保のための施設内での透析液中エンドトキシン測定を支援します。本品は、比濁時間分析法により透析液中エンドトキシン0.001~0.25 EU/mLの定量測定が可能です。調製の必要がないシングルタイプの試薬で、検体数による試薬のロスがありません。

対応試薬

項目名 品名 備考
透析液中エンドトキシン 透析用LAL ミニ 透析用水または透析液中エンドトキシンの測定

関連項目:透析液中エンドトキシン

エンドトキシン(内毒素)は、グラム陰性菌の細胞壁成分であるリポ多糖(LPS:Lipopolysaccharide)であり、代表的な発熱物質(パイロジェン)として知られています。
透析施行時の生体反応および長期合併症のいくつかに透析液中のエンドトキシンが関与する可能性が報告されています。この見解のもとISO、日本透析医学会、日本臨床工学技士会などから透析用水や透析液中のエンドトキシンの基準が示されました。

製品一覧はこちら

透析液中エンドトキシン測定装置トキシノメーター ミニ

透析液中エンドトキシン測定装置 トキシノメーター ミニ

透析液中のエンドトキシンを比濁時間分析法により定量測定します。
4テスト同時測定が可能な装置です。

主な仕様

測定方式 比濁時間分析法によるカイネティック測定
同時測定テスト数 4テスト同時測定可能
未測定ウェルには随時反応試験管のセットが可能
サイズ 幅 176 × 奥行 277 × 高さ 85(mm)(突起部を除く)
医療機器届出番号

装置とは別にパソコンと専用ソフト「トキシマスター ダイア ミニ」(別売)が必要です。

製品一覧はこちら

透析液中エンドトキシン測定装置トキシノメーター ダイア

透析液中エンドトキシン測定装置 トキシノメーター ダイア

透析液中のエンドトキシンを比濁時間分析法により定量測定します。
16テスト同時測定が可能な装置です。

主な仕様

測定方式 比濁時間分析法によるカイネティック測定
同時測定テスト数 最大16テスト同時測定可能
未測定ウェルには随時反応試験管のセットが可能
サイズ 幅 190 × 奥行 420 × 高さ 130(mm)(突起部を除く)
医療機器届出番号

装置とは別にパソコンと専用ソフト「トキシマスター ダイア」(別売)が必要です。

製品一覧はこちら
お客様より寄せられた「よくある質問」を掲載しています。 よくある質問

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3270-9134

受付時間:弊社営業日8:00〜19:00

© 富士フイルム和光純薬株式会社